育児ノイローゼを避けるために手抜きはやろう

マタニティブルーや育児ストレスはほとんどの人が経験するものですが、中には「なりやすいタイプ」もあります。それは、何事もきちんとしなければ、と思い込んでいるタイプです。きまじめできちょうめん、責任感が強い、なんでも完壁にこなしたい、ささいなことでもゆるがせにできない。そうした性格が自分にあるとしたら要注意。アンケートでは、「家事が思うようにはかどらないのでイライラ」という人もいましたが、おそらくこのタイプではないかと思います。

こうした性格のお母さんは、育児についてもきまじめで、育児耆どおりに子育てをやりとげようと、つい構えてしまいます。でも、実際の赤ちゃんはけっしてマニュアルどおりになど育ちません。
結局子育てにはある程度のルーズさも必要なんですね。家の中を見渡してすべてをきれいにしようと思うとたいへんですが、よく言われるように、多少のほこりで人間は死にはしないのです。

もし、あなたが「家事も育児も完壁に」とつい思い込んでしまうタイプなら、一度、何を大事にしたらいいのか紙に書き出して、優先順位をつけてみましょう。

たとえば1位は赤ちゃんの衣類の洗濯だったりするでしょうし、部屋の掃除などは比較的あと回しでもいいものだということに気がついたり。もちろん、あなたが部屋の掃除を1位にするなら、それでもかまいません。要は、すべてを完壁にすることは無理だということに気づくこと、自分が心地よい状態を保つには最低限何をしたいのかを、見きわめることが大事ではないでしょうか。

母の愛情

離乳食が始まると、「せっかく作ったものをベーッと吐き出して、つい赤ちゃんに当たってしまった」などという声も目立ち始めます。よほどのお料理好きでない限り、総じて離乳食作りが楽しいというお母さんは少ないような気がします。どうやら私たちの心の中には、「手作り信仰」というようなものがあるようです。

幼稚園や保育所でも「お母さんの愛情のこもった手作りの布袋を作ってくださどなどと言われることが多いですし、作るイコール母の愛情しなければ育児をしていることにはならないという思い込みがありはしないでしょうか。
でも、これは違うと思います。手をかけることだけが母の愛情かというと、そうでもないんですね。もちろん愛情の手抜きは禁物ですが、お母さんが楽しく子育てができるなら、紙おむつもベピーフードも大いに利用していいと思うのです。

実際離乳食などは、雑誌にのっているように、きれいにかわいく作るのは無理。大人の食事の一部分をとり分けたりして十分やれますし、あらためて離乳食をと構えるから、負担になってしまうのだと思います。鋤分手をかけて作ったのに一口食べてベーッと吐き出されてはかないませんね。何がなんでも「手作りで」と思い込んだら、イライラするでしょう。

こうした考え方を多くのお母さんは「手抜き」と受けとるかもしれませんが、これは手抜きではなく「合理化」と言ったほうがふさわしいと思います。私はむしろ、手抜きをすればいいという態度には不賛成。工事でも手抜きでいいという人はいないでしょう。手抜きというと、必要なことまでもずぼらをしてすませるというイメージがあります。また、手抜きイコールだらしがないとなってしまったら、それこそ女性としての魅力が半減してしまいますね。手抜きではなく、いかに能率的に、合理的に家事、育児をこなしていくか、そんな考え方が大事なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です