いまの母親が育児が苦手なのは、きょうだいが少なくて、幼い子の世話をした経験がないからと、よく言われています。

赤ちゃんに接するのはもちろん、抱くのも初めてという人がほとんどのいま、それも確かに言えることかもしれません。

でも、だからといって「私には育児は無理」と自信をなくしてしまうことはないと思います。「昔はよかった」「昔の母親はもっとしっかりしていた」と言われたところで、すでに時代背景も違いますから、それをいちいちあげつらって「だからいまの母親は」と責められても、結局はしかたがないことでしょう。でも、お母さんたちにも幼いころの日々はあったはずですし、多感な思春期、青年期をへて、いまの自分ができたはずです。

育児は必ずしも特別な知識を必要としません。むしろ大事なのは「知恵」で、それは親自身が自分の育ってきた道のりをふり返ることのほうがずっとたいせつではないでしょうか。

たとえばあなたが子どものころ、親にされてうれしかったこと、いやだったことを思い出してみてください。なにげない親のひと言に子ども心が傷ついたこともあるはずですし、喜んだこともあるでしょう。そうした自分の過去を思い起こせば、いま目の前にいる子どもへの共感も、自然に生まれるのではないでしょうか。逆に子どもに完壁さを求めたり、失敗を必要以上に責めたり、自分にもできなかったことを子どもに課したりということもなくなると思います。

子供の持つ力を信じる

もう一つ、親になった人たちに知っておいてほしいのは、「子どもってけつこう強い。心配しなくてもちゃんと育つんだ」ということです。
前にもお話ししたように多くのお母さんは「育児は母親の責任」と思い込んでいるようですし、社会もまた、母親の愛情を絶対視していますね。子どもは女性のもの、母親のものとして、男性も社会も育児から遠ざかり安閑とすることを許してきたことも、大きな問題です。

こうした常識がお母さんたちを縛っているのはもちろんですが、それ以上に危険なのは、この考え方がお母さんたちから自分の弱さ、もろさを自覚するチャンスを奪ってしまうということです。「自分の愛情が絶対」という思い込みは、ときとして夫さえも足を踏み入れることができないほどの母子密着の殻をつくり上げますし、母子がんじがらめの「アブナイ一体感」を生みだしかねません。

同時にこれは、子ども自身の育つ力を見のがす大きな要因ともなるでしょう。「こんな子に育ってほしい」という裏側には、「私がこれだけやっているのだから」という気持ちがひそんでいませんか?もしそうだとしたら、やはりいま一度、自分の子ども時代をふり返ってみる必要があります。今度は反省とともに、ですね。

自分の生きてきた歳月に、いとおしさとともに反省の目を向けることができれば、子どもの成長に心からの理解と共感を持つことができるでしょう。親のあたたかいまなざしのもとで、子どもも不思議なくらい生き生きとその子なりの個性を発揮して、着実な歩みで育ってくれるはずです。子どもにはもともと、自分で育つ力もあるのです。それをいつも忘れないようにしたいものですね。

「私が育児でイライラしてしまうのは夫の非協力的な態度が原因」という人が、とても多くいます。雑誌では立ち会い出産のリポートも花盛りですし、登場するのもたいてい協力的ですてきな夫たち。
それなのに実際に赤ちゃんが生まれたら、自分の夫は世間で言われているほど子育てに協力的ではないし、夜泣きのときにも知らん顔。「こんな夫とは思わなかった」と妻がイライラしてしまうのももっともでしょう。
私が以前行った調査でも、出産後の夫に対する妻の気持ちは、肯定と否定がほぼ半々。「いっしょに育児をしていく中で、よりいっそう心のつながりが持てた」という人がいる一方、「夫への関心が少なくなった」「育児に強力してくれない夫への不満やあきらめが強くなった」という人が多くいます。

そして、夫に対して否定的な感情を持っている妻は、ストレスもより強くなりますね。特に多いのは、「育児に振り回されて自分がだめになりそう」「イライラする」「毎日がおもしろく通い」という訴えです。
お母さんがイライラせずに過ごすには、まず夫との「いい関係」が必要だと言えでしょう。

でも、夫の職業によっては、産後の育児を思うように手伝えないということもあります。確かに、夫の手助けは新米ママにとってかけがえのないものですし、夫たちにはぜひとも協力していただきたいですが、結局はケースバイケース。そもそも、「協力」とは何でしょう。それは、夫婦関係そのものの確立でなくてはいけないと私は思います。問われているのは、男と女としての成熟した関係ではないでしょうか。

たとえば、女性の多くは「子どもを産んでもいつまでも魅力的な妻でいたい」と考えています。

一方、男性の多くは、子育て中の妻に女性としての魅力を感じるどころか、「おふくろさん」的なイメージを持つことが多いようです。これは同時に妻にも言えることで、「夫への関心が少なくなった」という意見がいい例ですね。夫が「いつまでも美しくいてほしい」と思っても、「私は母親だから、そんなことかまっていられなどとぱかりに髪を振り乱してしまう……妻と夫には、意識のうえで互いにギャップがあります。夫に育児協力を求めることも必要ですが、そのためにも互いに「ときめきある関係=セクシャリブイ」をたいせつにする努力を忘れたくないですね。たとえば、夫はよく育児をやっているのに妻としては満たされないという人もいます。それはまさに、セクシャリティの部分が問題になっているのではないでしょうか。産んだがために異性として扱ってもらえない不自然さが、不満となってあらわれてくることも多いようです。もし妻が子育てのたいへんさに翻弄されて、そうしたことをふり返る余裕をなくしてしまっているようなら、妻自身も考えてみる必要があるでしょう。

そもそも、なぜ2人がいっしょに暮らしているのか11児子どもが生まれたとたん、お互いを「お母さん」「お父さん」と呼び合うことになんの疑問も感じないような日本の風土では、ともすると、夫婦が互いに男として、女としてのあり方の基禾を見つめ合うことをなおざりにしがちです。一人の人間として互いにどう向き合うのか、そこを問わない限り、それぞれの家庭での夫の育児参加のありようは、答えが出てこないのではないでし
うか。

マタニティブルーや育児ストレスはほとんどの人が経験するものですが、中には「なりやすいタイプ」もあります。それは、何事もきちんとしなければ、と思い込んでいるタイプです。きまじめできちょうめん、責任感が強い、なんでも完壁にこなしたい、ささいなことでもゆるがせにできない。そうした性格が自分にあるとしたら要注意。アンケートでは、「家事が思うようにはかどらないのでイライラ」という人もいましたが、おそらくこのタイプではないかと思います。

こうした性格のお母さんは、育児についてもきまじめで、育児耆どおりに子育てをやりとげようと、つい構えてしまいます。でも、実際の赤ちゃんはけっしてマニュアルどおりになど育ちません。
結局子育てにはある程度のルーズさも必要なんですね。家の中を見渡してすべてをきれいにしようと思うとたいへんですが、よく言われるように、多少のほこりで人間は死にはしないのです。

もし、あなたが「家事も育児も完壁に」とつい思い込んでしまうタイプなら、一度、何を大事にしたらいいのか紙に書き出して、優先順位をつけてみましょう。

たとえば1位は赤ちゃんの衣類の洗濯だったりするでしょうし、部屋の掃除などは比較的あと回しでもいいものだということに気がついたり。もちろん、あなたが部屋の掃除を1位にするなら、それでもかまいません。要は、すべてを完壁にすることは無理だということに気づくこと、自分が心地よい状態を保つには最低限何をしたいのかを、見きわめることが大事ではないでしょうか。

母の愛情

離乳食が始まると、「せっかく作ったものをベーッと吐き出して、つい赤ちゃんに当たってしまった」などという声も目立ち始めます。よほどのお料理好きでない限り、総じて離乳食作りが楽しいというお母さんは少ないような気がします。どうやら私たちの心の中には、「手作り信仰」というようなものがあるようです。

幼稚園や保育所でも「お母さんの愛情のこもった手作りの布袋を作ってくださどなどと言われることが多いですし、作るイコール母の愛情しなければ育児をしていることにはならないという思い込みがありはしないでしょうか。
でも、これは違うと思います。手をかけることだけが母の愛情かというと、そうでもないんですね。もちろん愛情の手抜きは禁物ですが、お母さんが楽しく子育てができるなら、紙おむつもベピーフードも大いに利用していいと思うのです。

実際離乳食などは、雑誌にのっているように、きれいにかわいく作るのは無理。大人の食事の一部分をとり分けたりして十分やれますし、あらためて離乳食をと構えるから、負担になってしまうのだと思います。鋤分手をかけて作ったのに一口食べてベーッと吐き出されてはかないませんね。何がなんでも「手作りで」と思い込んだら、イライラするでしょう。

こうした考え方を多くのお母さんは「手抜き」と受けとるかもしれませんが、これは手抜きではなく「合理化」と言ったほうがふさわしいと思います。私はむしろ、手抜きをすればいいという態度には不賛成。工事でも手抜きでいいという人はいないでしょう。手抜きというと、必要なことまでもずぼらをしてすませるというイメージがあります。また、手抜きイコールだらしがないとなってしまったら、それこそ女性としての魅力が半減してしまいますね。手抜きではなく、いかに能率的に、合理的に家事、育児をこなしていくか、そんな考え方が大事なのではないでしょうか。